通気性フィルムの世界市場規模、機会、歴史的分析、開発状況、事業成長、予測。2022-2031

Breathable Film Market.jpg


"通気性フィルム市場は予測期間中にCAGR7.1%を記録すると予測"

通気性フィルムの市場規模は、2022年に18億1000万米ドルと推定され、2022年から2031年にかけてCAGR7.1%で25億5000万米ドルに達すると予測されています。通気性フィルムは、液体(水・血液)は通さないが気体(水蒸気)は通す、薄い微多孔質またはモノリシックフィルムである。発展途上国におけるベビー用おむつ、生理用ナプキン、大人用失禁用品などの衛生用品の普及と、先進国における高級衛生用品の消費の増加が、予測期間中の世界の通気性フィルム市場を牽引すると予想されます。従来のフィルムよりも通気性フィルムのコストが高いことが、通気性フィルムの世界市場の主な抑制要因となっています。

詳細については、PDFサンプルをダウンロードしてください:https://www.sdki.jp/sample-request-109175

"ポリウレタンベースの通気性フィルム:最も急成長しているタイプの通気性フィルム"

ポリウレタンベースの通気性フィルムのタイプセグメントは、予測期間中に最も高い成長を目撃すると予測されています。通気性ポリウレタンフィルムは、医療分野で主に使用されています。これらのフィルムは、他の微多孔性通気性フィルムと比較して、モノリシックで優れた液体バリアを形成するため、手術用手袋、手術用ドレープ、患者用ガウン、テーブル&ベッドカバーに好んで使用されています。また、耐摩耗性、耐久性、低温柔軟性などの高い機械的特性も備えています。

"衛生用途が通気性フィルム市場の最大シェアを占めた"

通気性フィルム市場全体では、衛生用途が大きなシェアを占めた。通気性フィルムは、使い捨ての赤ちゃん用おむつ、使い捨ての生理用ナプキン、使い捨ての大人用おむつなど、衛生用品にさまざまな用途があります。これらのフィルムはバックシート材として使用され、快適性の向上、皮膚の通気性の改善、皮膚のかぶれや腫れの軽減を実現する。一人当たりのGDP(購買力平価ベース)の向上と、健康と衛生に関する意識の高まりが、衛生用途の通気性フィルム市場を牽引する重要な要因となっています。発展途上国と先進国の両方でプレミアムおむつの需要が増加していることも、予測期間中に通気性フィルム市場をさらに押し上げるでしょう。

詳細情報@ https://www.sdki.jp/reports/breathable-films-market/109175

"アジア太平洋地域は通気性フィルムの急成長市場と推定される"

アジア太平洋地域は、通気性フィルムの市場として最も急成長していると推定されます。この高成長は、APAC諸国における衛生用品の浸透が進んでいることに関連しています。APACにおける通気性フィルムの最大市場は中国、次いで日本であると予測されます。

いくつかのセグメントとサブセグメント、および二次調査で収集した情報の市場規模を決定し検証するために、広範な一次インタビューを実施した。

プライマリーインタビューの内訳は以下の通りである。

- 企業タイプ別 企業タイプ別:ティア1(52%)、ティア2(26%)、ティア3(22
- 役職別 役職別:役員クラス23%、Cクラス48%、その他*29
- 地域別では アジア太平洋地域:44%、北米:25%、欧州:21%、その他**:10

注:企業の階層は、2016年時点の総収入を基準に定義しています。Tier1=5億米ドル以上、Tier2=1億米ドル~5億米ドル、Tier3= *その他は、セールスマネージャー、マーケティングマネージャー、プロダクトマネージャーを含む。

調査対象範囲

この調査レポートは、通気性フィルム市場をタイプ、用途、地域に基づいて分類しています。通気性フィルム市場の成長に影響を与える主要な要因(促進要因、阻害要因、課題、機会など)に関する詳細な情報を掲載しています。業界主要企業の詳細な分析により、事業概要、製品・サービス、主要戦略、事業拡大、新製品開発、契約、その他市場に関連する最新動向に関する洞察を提供しています。

レポート購入の理由

本レポートは、本市場における市場リーダー/新規参入者に以下のような点で貢献します。

1. 本レポートは通気性フィルム市場を包括的に区分し、垂直方向および地域別の市場全体とサブセグメントの市場規模を最も近い近似値で提供しています。
2. 本レポートは、利害関係者が市場の脈動を理解するのに役立ち、主要な市場促進要因、阻害要因、課題、および機会に関する情報を提供するものです。
3. 本レポートは、ステークホルダーが主要な競合他社を理解し、ビジネスにおける自らのポジションを高めるための洞察を得るのに役立ちます。競合状況のセクションには、拡張、新製品開発、契約などが含まれます。

この記事へのコメント